GNK/ゲシュタルトネットワーク関西

2021年度11月13・14日~<ゲシュタルト療法>第7・8期 ベーシック&アドバンスト トレーニング・コース開催

ゲシュタルト療法 大阪でのグループ 多彩な講師陣、海外からの講師も招聘し世界のゲシュタルト療法を体験できます。 GNK(ゲシュタルトネットワーク関西)は2011年度より活動を始め、日本ゲシュタルト療法学会が認定するゲシュタルト療法トレーニングコースを運営するしている団体です。ゲシュタルト療法は、カウンセリングや心理療法を実践している人セラピスト、援助職の方、個人の成長を望む方、組織の活性化・成長に […]

カナダからのゲシュタルト療法 ショーン・フレイ氏 終了

パールズは、晩年カナダのビクトリア島に立ち寄りました。この美しい島で、ゲシュタルの新しい生活スタイル(ギブツだったかな?) なるものを創りたかったらしいのです。 そうこうしているうちに持病の心臓病で亡くなってしまいました。 その美しい島からオンラインでゲシュタルトを届けてくれます。 Day 1: Saturday 1日目:土曜日 Introduction はじめに Martin Buber and […]

  • 2021.12.28

現象学って何?動画でどうぞ!!

現象学って身体性なんだ!! 三村尚彦&百武正嗣&白坂和美トリプルコラボWS 古典的なようだけど、新しいのが現象学!! 2022年1月15日(土)10:00〜18:00  午前中は、哲学カフェ現象学って何?&午後から、ゲシュタルトセッション  百武正嗣のセッションを三村尚彦がキル WS開催 ゲシュタルト療法は、哲学のある心理療法です。心理療法で哲学があるのは珍しいことです。ゲ […]

  • 2021.12.07

現象学×ゲシュタルト×身体性 1Dayワークショップ

~ゲシュタルトを現象学で(い)キル~ 百武正嗣×三村尚彦×白坂和美 トリプルセッション ”受動的志向性”とは意識する前にもうすでに動いてしまっていること、と 現象学に生みの親、フッサールは言いました。 私たちは意識する間に自分の行くべきところを知っているのだ言っています。 パールズが現象学を取り入れた意味が明らかになります。 《こんなことをお願いしてみました。三村先生×白坂 現象学って?往復書簡》 […]

  • 2021.10.04

ゲシュタルト療法体験ミニ講座 on Zoom

「今ここ」の気づきからの自己成長の心理療法を、オンラインで体験できる講座です。 【日時】2021年10月8日(金) 20:00〜21:00 【参加費】無料 【講師】白坂和美(GNK代表) 【お申し込み】 info2@gnk.jp まで、タイトルを「ゲシュタルト療法体験ミニ講座申し込み」として、お名前、ご連絡先をご記入の上、お申し込みください。 ゲシュタルト療法は、「今、ここ」の気づきに焦点を当てた […]

  • 2021.10.01

つみ☆ゲシュタルト@ZOOM 

反省させると犯罪者になります。 再犯防止プログラムとゲシュタルト療法 元受刑者の方々を交えてのゲシュタルト療法@ZOOMを開催します。浄土真宗の経典のなかに、罪を犯した者こそ救われる。という一説があります。 「悪人正機」の意味を知る上で、「善人」と「悪人」をどのように解釈するかが重要である。ここでいう善悪とは、法的な問題や道徳的な問題をさしているのではない。また一般的・常識的な善悪でもない。親鸞が […]

  • 2021.09.13

ゲシュタルト崩壊のエクササイズ

河本英夫さんの『哲学の練習問題』(講談社学術文庫)という本を読んでいたら、真っ白な紙に「あ」という文字をたくさん書いて埋めて、「あっと驚く情景」を形象化してみる、という「練習問題」がありました。 ちょっとやってみて、いくつか手順をつけくわえて、ゲシュタルト療法のエクササイズに仕立ててみました。 とりあえず、いろんな大きさや形の「あ」を書いてみます。 「書く」というより、「描く」に近い感じです。 小 […]

  • 2021.09.08

「今ここ(Here & Now)」の心理療法

ゲシュタルト療法は、「今ここ」での体験を中心に置いています。 Here & Nowです。 もちろん過去に根ざした経験もありますし、私たちは未来に希望や恐れを抱くものです。 でも、過去の記憶の想起も、未来への期待や不安も、「今ここ」の現在の瞬間に経験されています。 ゲシュタルト療法が「今ここ」を強調するのは、フロイトの古典的な精神分析をパールズが批判したことに由来しています。 古典的な精神分 […]

  • 2021.08.31

つみ☆げしゅ「反省させると犯罪者になる」

刑事施設経験者との出逢い こんちは、GNK(ゲシュタルトネットワーク関西)の白坂和美です。刑務所出所者を囲んでのゲシュタルト療法、もう、20回くらい続けているグループです。この会でファシリテーターをしていますが、始めるにあたり「私でできるだろうか?」「怖いなー」というのが正直ありました。しかし、場の力というものは素晴らしいですね。ゲシュタルトの哲学に「全体とはこの総和いじょうである。」という言葉が […]

  • 2021.08.22

気づき ゲシュタルト・セラピーの実習指導書

自分自身に徹底的に出逢う 気づきに始まり気づきに終わる ゲシュタルト療法は、「気づき」に始まり「気づき」に終わる、と言われるほど。気づきとは、徹底的に自分自身に気づいていくこと、とわたしは捉えています。約20年ほど前に心理療法が何か、もわからずに勉強に通いだしました。わたしはゲシュタルトセラピスト以前は、企業研修のトレーナーをしていました。今も少ししていますが、その時に恩師、社会産業教育研究所所長 […]

  • 2021.08.03

「場の理論」(クルト・レヴィン)とゲシュタルト療法

フロイトは小説家? 精神分析学は、おそらくは、行動の表面よりむしろ深層にまで立ち至ろうとした心理学的研究の顕著な例であった。この点では、それはあらゆる時代の小説家に従ったのである。しかし、精神分析学は行動を説明するにあたって、科学的方法というものを常に堅持しようとしなかった。 》これは、面白い見解です。フムフム興味深い!!精神分析学は深層心理、無意識という、行動面に現れない、目に見えないものを心理 […]

1 7

ランキングブログ

Category New Article